お酒大好き会計士・税理士のつぶやき

大阪で会計事務所を営む公認会計士・税理士です。自分の趣味や社会の出来事、特に会計や税金について書いていこうと思います。旅行も好きです。ラスベガスに毎年行くのが目標です。

ラスベガス旅行記⑩-帰国編 早朝の空港は危険(時間的に)

さぁ、だいぶ書いてきましたので、残すは帰国するだけとなりました。

ラスベガスは帰るのにも罠があるので、気を付けなければいけません。ツアーの人は添乗員さんが迎えに来てくれるので大丈夫と思いますが、個人手配の方で、早朝出発の方は注意が必要です。

ラスベガスは家電見本市のCESがあるとき以外は、日系航空会社の直行便はないですが、日本への出発便はロサンゼルスを基準にすると、JALもDELTAも午前11時前後です(ANAだけ今の時刻表だと深夜のようです)。となると、LAS⇒LAXの便は8時前後かと思います。

DELTAの場合は、7時半頃の便でした。アメリカは早めに締め切られることがあると出張マスターの人から聞いてましたので、30分前にはBoarding bridgeに居たいです。

ということで、5時にはホテルを出ます。チェックアウトは一瞬です。道路も混んでません。が、タクシーがいない可能性があります。もし居ないと15分位は来ないかもしれません。ここが心配ポイント①

無事にマッカラン空港に着きました。チェックインをして荷物を預けましょう。が、朝の5時台はDELTAだと国内線のラッシュ時間です。Cクラス・プレエコ・Gold medalion以上の方は優先レーンに並べますが、エコノミーだと長蛇の列に並びます。朝はカウンターが3,4つしか空いてなくて、そのうち2つは優先レーン専用です。

優先レーンだと10分程度ですが、一般レーンだと1時間は並ぶことを覚悟すべきです。一般レーンは本当に進みません。ここが心配ポイント②

お次は、手荷物検査。ここも並びます。日本よりも厳しくて、ベルトも靴もぜーんぶ脱ぐ必要あります。足の臭いでまじ臭いです(笑)今年は、トランプ大統領になった影響からか、かなり入念にチェックをしていて、列の進み方が遅かったです。特に女性は化粧ポーチとかで引っかかって、別途検査を受けている人が結構いたようですので、時間がかかる可能性があります。ここが心配ポイント③

そして、手荷物検査を抜けると、トラムに乗って、さらに下の写真のように、結構長い距離を歩く必要があります。手荷物検査場からボーディングブリッジまで15分は見ておきたいです。

私はデルタアメックスゴールドカードのおかげで、なんちゃってGold medalionでしたが、ホテルから2.5時間前行動でぎりぎりでした。同じ様な便を乗る場合で、優先レーンに並べない場合は、出発の4時間前程度は念のため見ておいた方がいいかもしれません。

心配ポイントの①~③。結構焦ります。

f:id:umekisan16:20170705002342j:plain

せっかくなんちゃってGold medalionなんだし、アプグレないかなーと、待っていたら、国内線のファーストクラスにアプグレしてくれました。まぁ、ANAのプレミアムクラスの席で、飲み物あるけどご飯がない、程度のもんですが、ちょっと嬉しかったです。ロスまで1時間ですぐですが、優しい飛行機で、遅れて来ない日本人ツアー客を20分位待っていました・・・。やっぱり早く行動しましょう。

アメリカは出発直前まで操縦席のドアを閉めません。月間Airlineの読者としては、コックピットを観察してしまいます。

チーパーは黒人のイケメン男性でした。こっちの人は仕事中だろうが携帯いじりまくりですね。日本人てほんまに真面目。そして、早口すぎて何言ってるか全然わかりまへん。

f:id:umekisan16:20170705002356j:plain

ちょっとウトウトしていたらLAXにすぐ着きました。色々工事をしているんですかね。DELTAの発着場所は以前は同じターミナルだったのですが、現在はシャトルバスに乗って端っこまで行かなければならなかったです。

f:id:umekisan16:20170705002408j:plain

ここは到着したターミナル(第3だったかな)のDELTAのラウンジ。明るい感じですね。朝ですが一応ビールは飲んでおきます。エサはパンとチーズ程度しかないので、期待してはいけません。

DELTAが日本に出発するターミナルにはシャトルバスで移動する必要があります。工事中の今だけの処置かもしれないですが、シャトルバスの看板は見落とさないようにしてください。出発ターミナルにはKALラウンジがありますので、出発直前までくつろぐことが出来ます。

f:id:umekisan16:20170705002425j:plain

f:id:umekisan16:20170705002432j:plain

帰りは、いかしたイルカ顔の777-200様です。12時間弱のフライトだったですが、飛行機は寝れないし、時差ぼけは結局治らなかったし、かなり辛いものでした。

羽田に着いたら、すぐに関空へお乗り換え。疲れました。

やっぱりCクラスに乗りたいですね。しみじみ思います。

f:id:umekisan16:20170705002439j:plain

という訳で、10回に亘って今回の旅行を振り返ってみました。

次の記事で、最後まとめてみようかと思います。